これでスムーズ、iphone生活にゆとり

フィルムをはがして確認してみる

iphoneのタップが反応しない場合、あれ?故障?と慌ててしまうこともありますよね。これから紹介する対処法を覚えておけば、修理が必要かもすぐに判断できます。まず最初にチェックしてほしいのが画面の保護フィルムです。フィルムが劣化しているとタップの反応も悪くなってしまいます。一度フィルムをはがして確認してみましょう。

画面割れが原因でタップが反応しないこともあります。画面割れを放置すると他の異常も出やすくなってしまうので、なるべく早めに修理するのがおすすめです。端末が曲がっていたり、バッテリーが膨張している場合にもタップは反応しにくくなります。本体に衝撃を与えないのはもちろん、充電しながら使うのは避けてきましょう。

OSをアップデートしてみる

iphoneの内部に水が浸入してしまったときも、タップが反応しなくなることがあります。防水機能が高い端末でも、濡れたまま使うと故障につながりやすいので注意が必要です。しっかり乾燥させてもタップが反応しない場合は早めに修理へ出しましょう。

ソフトウェアなどのシステムが問題でタップが反応しないケースもあります。古いOSを使っている場合は、一度最新バージョンにアップデートしてみるのもおすすめです。OSはプログラムの操作やアプリの運用に関わる部分なので、更新でタップの不具合が改善されることもあります。タップが反応しない原因を知っておけば、万が一のときもスムーズに対応できるはずです。iphone生活にゆとりを持つためにも、自分で出来る対処法を覚えておきましょう。

iphone修理を上野でできます。非正規でメーカーとは全く関係がないことが特徴です。補修部品がそろっているので簡単なものはすぐに対応してくれるのです。

© Copyright iPhone Screen Repair Kit. All Rights Reserved.