iphoneのタップを快適にするためには

タップが反応しづらいなら

iphoneのタップが反応しないことがあるのなら、まずは画面の汚れを拭いてみましょう。iphoneに使われている静電容量方式のタッチパネルは、油や水がつくと、感度が弱まってしまいます。それらの汚れは指で触っているだけで付着するものなので、画面に傷がつかない布を使って綺麗にして見ましょう。また、保護フィルムを貼っていないかどうか確かめることも大切です。余計なフィルムが一枚ついているだけで、タップが反応しづらくなる可能性があるからです。それらをやってみても、まだタップの調子が悪いのなら初期化をしてみましょう。インストールしているアプリのせいで反応が鈍くなっているのなら、初期化してやれば解決します。ただし、データが消えてしまうため、バックアップを行ってから実行しましょう。

タップがまったく反応しないなら

反応がまったくない状態なら、本体を使っての初期化を行うことはできません。そのときは、パソコンやほかのiPhoneを使って、初期化を行ってみましょう。その方法なら、外部からの操作でiPhoneの初期化が行えるため、タップがまったく反応しなくても大丈夫です。初期化をしてみても、タップの不調が直らない場合は、タッチパネルや本体が故障している可能性があります。そうなると、素人ではどうしようもないので、iPhoneを修理してくれるサービスに持ち込みましょう。プロならば、故障原因をきちんと突き止めてくれて、パーツの交換などの適切な対処を行ってくれます。もし、まだ保証期間内なら、まずはメーカーのサービスセンターに持ち込んで、iPhoneの修理をお願いしましょう。

渋谷にはiphoneの修理をしてくれるお店が多いです。壊れてしまったときはiphoneの修理を渋谷のお店で依頼すれば、質の高いお店が多くて安心です。

© Copyright iPhone Screen Repair Kit. All Rights Reserved.